統計情報の表示改善

皆さんの提案にお応えして、統計情報の表示を改善しました。

最近、皆さんのフィードバックを元にして、統計情報の細かい表示改善を行いました。さっそく変更点を見てみましょう。

本日の情報をまず表示: 多くの皆さんから、統計情報を表示しているその日の情報を優先的に見たい、さらに、前日の情報も簡単にアクセスしたい、との意見を頂きました。そこで、統計情報ページを開くとまずごとの情報と過去30日間の情報を表示するようにしました。表の下にある矢印をクリックすれば前日の情報へ、表内のバーをクリックすれば任意の日付の情報へ移動できます。

Click a bar or the arrow to switch days

より多くの情報を一覧表示: 幅広の画面をお使いの場合、表示エリアが拡大され統計情報が3カラムになったことに気づいていただけると思います。小さな画面の場合、お使いのデバイスに合わせて引き続き1または2カラムが表示されます。

より長い期間で月間・週間データを一度に見たいという要望も多くありました。ごとの表示では最長30週間 (データが存在する場合)、ごとの表示では最長30ヶ月を表示するようにしました。

stats-week-view.png

click-the-arrow 概要情報のさらなる充実: 全期間で一番人気のある投稿を探したり、国ごとの訪問者数を調べる際など、統計情報のボックス右上に「 > 」の矢印がある場合、クリックしてさまざまな期間の概要情報をできます。新たに追加された「すべての期間」タブにも対応しています。

各投稿のタイトルをクリックすれば、「いいね」数など投稿ごとの概要を表示できます。また、投稿のデバイスごとのプレビューも投稿の概要画面からできるようになりました。

統計概要の強化: サイト全体の全期間の詳細データを得るには、「統計概要」タブをクリックしてください。サイト開始以来の月ごとの表示数が一覧表示できます。

stats-all-time.png

各月の日毎の平均表示数を知るには「1日の平均」タブをクリックしてください。ある月をさらに詳しく調べたい場合は、その月のボックスをクリックすれば「月」タブに詳細が表示されます。

フォロワー総数: WordPress.com Reader のフォロワー、メールフォロワー、ソーシャルフォロワーの合計数を統計概要ページ上で一度に見られるようになりました。詳細情報へのリンクもあります。

mini-sparkline

その他の更新点: 統計情報が作成された日時が分かるよう最終更新タイムスタンプを追加しました。また、「参加サイト」のツールバーにミニバージョンの統計情報表も追加しました。データをさらに深く分析したい方のために、CSV ダウンロードオプションをより充実させました。

フィードバックを下さった方々と更新を手がけてくれたデザイナーと開発者チームに感謝します。これらの小さな改善が、ユーザーの皆さんのお役に立ちますように。


WordPress.com の開発状況について最新情報を知りたい方は、以下の欄にメールアドレスを入力して今後の告知をメールで直接受け取りましょう。通知を開始する前に確認メールをお送りします。見つからない場合はスパムフォルダーをご確認ください。

現在230,852人フォロワーがいます。

新しいブログまたはサイトを無料で作成

始めてみよう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。