WordPress.com ブログ

WordPress.com 日本語ブログ

Markdown 記法が使えるようになりました

WordPress.com で Markdown 記法が使えるようになりました。公式モバイルアプリからの投稿にも対応しています。

Markdown 記法での書き方例

WordPress.com で Markdown 記法が使えるようになりました。「やっと!」と思った方もいるかもしれませんが、「何それ?」と思った方のために説明すると、Markdown(マークダウン)は HTML を使わずにテキストをすばやくフォーマットするための記述方法です。

実際に見てみましょう。以下が、投稿編集の際に使える Markdown での記入例です。

Markdown 記法での書き方例

Markdown 記法での書き方例

これらは HTML に変換され、以下のように表示されます(Reddle テーマの場合)。

Makrdown 記法で書いた場合の表示

Markdown で書いてみよう

Markdown を有効化すると、記号などを挿入するだけでリンクやリストなどのスタイルを追加できます。すばやくシンプルな方法でリッチテキストを編集したい場合におすすめです。

アスタリスクふたつずつで囲むと **太字** になります。表示例: 太字
バッククォートで囲むと `等幅フォントスタイル` になります。表示例: monospace

他の使い方についてはクイックリファレンスチャートをご覧ください。

WordPress.com で Markdown を有効化

Markdown を使い始めるには、「設定 → 投稿設定」で「投稿とページ内で Markdown 記法を使う」にチェックを入れて保存してください。

Markdown の有効化

Markdown を使う際には「ビジュアル」エディタではなく「テキスト」エディタをご利用ください。

テキストエディタ

さらに詳しく

Markdown マニア(僕みたいに!)の皆さんはご存じの通り、Markdown にはいくつかのバリエーションがあります。WordPress.com では Markdown Extra1 に少しだけ手を加えたバージョンを採用し、さらに GitHub Flavored Markdown2 のようにフェンス・コードブロックが使えるようにしました。

コード例を書きたいときには、以下のようにバッククォート記号を使います。

```css
.ninja {
visibility: hidden;
}
```

これは以下のように表示されます。

.ninja {
visibility: hidden;
}

ソースコード投稿についてのサポートページに、WordPress.com で対応している構文ハイライトについての詳細も書かれています。さらに Markdown サポートページで、コメント欄での有効化方法などもご覧ください。

モバイルでもどうぞ

Markdown 記法を有効化すればモバイルアプリのエディタでも使えるようになります。

この記事は Matt Wiebe が WordPress.com 英語版ブログに投稿した「Write (More) Effortlessly With Markdown」の訳です。機能について不明な点があればコメント欄または日本語フォーラムでご質問ください。

翻訳: 高野直子


  1. 脚注もつけられるようになります!3 
  2. Evan Solomon の GitHub-Flavored Markdown Comments からアイディアを得ました。 
  3. さらに、脚注内に脚注をつけることもできます! 

WordPress.com の開発状況について最新情報を知りたい方は、以下の欄にメールアドレスを入力して今後の告知をメールで直接受け取りましょう。通知を開始する前に確認メールをお送りします。見つからない場合はスパムフォルダーをご確認ください。

現在158,661人フォロワーがいます。

1件のコメント

コメントは受け付けていません。

  1. ピンバック: Markdownにチャレンジ in WordPress.com | Kimiya Kitaniの徒然なるブログ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。