WordPress.com ブログ

WordPress.com 日本語ブログ

To Infinity and Beyond: 無限スクロール

これからの Web での文章の読み方へ、ようこそ。WordPress.com ホームページの新しい機能「無限スクロール」をご紹介します。

これからの Web での文章の読み方へ、ようこそ。WordPress.com ホームページの新しい機能「無限スクロール」をご紹介します。

現代の Web では速度とパフォーマンスが重要なキーです。ページすべてをリロードしなくても新しいコンテンツをすばやく読み込むことができるのは、その例のひとつです。ページをスクロールダウンして次ページヘのリンクをクリックし、ページがリフレッシュされるのを待つ古い方法(Web の「ドキュメントモデル」)の代わりに、無限スクロールでは読者がページの最後に近づくと自動的に投稿を読み込みます。アプリのような動作といえるでしょう。

実際にご覧になりたい方は、Matt on Not-WordPress サイトをチェックしてみてください。WordPress 創始者マットの moblog(モバイルブログ)です。ページの最後までたどり着くと、次の投稿を読み込むローディングアイコンが表示されるはずです。

マットのブログで日々更新される食べ物の写真を、「次の投稿へ」というようなリンクをクリックしなくてもどんどん見ることができたはずです。あなたのサイトの読者にもこの体験を提供できたらいいと思いませんか?

テーマデザインとのシームレスな連携、フッターウィジェットありのテーマへの対応といった細かいところは僕たちテーマチームが対処済みです。さらに、基本的なフッター表示もさらに改善しました。スクロールダウンするとブログ名を含む控えめなフッターがポップアップし、クリックするとページ上部に戻ることができるようになりました。

サイトでこの動作をすでに目にした人も多いと思います。フィードバックをくださった皆さん、どうもありがとうございます。テストデータ解析の結果、読者がサイト上で過ごす時間が長くなったことが判明しました。お察しの通り、クリックするよりスクロールするほうがすばやく、多くの記事を読む可能性がより高くなっているのです。

今までの方式の方がいいという方は、「設定 → 表示設定」画面で「無限スクロール」オプションをオフにしてください。ページの下部に「さらに記事を読み込む」ボタンが表示され、クリックすると追加で記事を読み込むようになります。

さらに、フッターウィジェットに大事な情報が含まれているブログにはクリックでの追加読み込み機能を自動的に有効化しています。クリックした際に読み込まれる投稿の数は、同じく表示設定画面にある「1ページに表示する最大投稿数」で決定できます。

無限スクロール機能はすでに30以上のテーマに適用されており、これから他のテーマでも対応していく予定です。

では僕は、終わりなき朝食の旅に出かけてきます。

この記事は Lance Willett が WordPress.com 英語版ブログに投稿した「To Infinity and Beyond」の訳です。機能について不明な点があればコメント欄または日本語フォーラムでご質問ください。

翻訳: マクラケン直子


WordPress.com の開発状況について最新情報を知りたい方は、以下の欄にメールアドレスを入力して今後の告知をメールで直接受け取りましょう。通知を開始する前に確認メールをお送りします。見つからない場合はスパムフォルダーをご確認ください。

現在158,661人フォロワーがいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。