WordPress.com ブログ

WordPress.com 日本語ブログ

P2 テーマのリニューアル

P2 テーマが新しくなりました。マイクロブログ機能の強化やカスタマイズ性の向上を取り入れ、ますます使いやすくなっています。

新しい 「P2」テーマ

P2 テーマをまだ試したことがない皆さんへ。P2 は、管理画面に入らなくてもすばやく投稿ができたり、その場で AJAX を使った更新が見られたり、インラインのコメントスレッドへの返答ができたりするマイクロブログテーマです。今までにもすでにたくさんの機能が満載されていました。

P2 設定ページ (クリックで拡大)

では、この十分よくできたテーマを次のレベルへと高めるには?これが、Automattic 合宿でのチーム34の課題でした。

まず最初に改善しようと思ったのは、カスタマイズ性でした。多くの人がテーマにちょっと手を加えたいと思っているはずですが、今までの P2 テーマでは標準的なデザイン以上のカスタマイズをするのは難しい状態でした。

そこで新しい設定オプションを追加し、サイドバーを非表示にしたり、好きなヘッダー画像を設定したりできるようにすることにより、P2 を自分らしくカスタマイズしやすくなりました。

さらに、「投稿タイプ」を導入しました。違ったタイプのコンテンツを投稿し、それぞれに合った形式で美しく表示することができるようになりました。投稿タイプには、標準投稿、一つの画像、複数の画像ギャラリー、リンク、引用などがあります。利用するタイプを選ぶには、投稿入力フィールド上のタブをクリックするだけです。

投稿タイプを選択できる新 P2 テーマの投稿ボックス

(訳注: 以下は、WordPress.org 版で使えるダウンロード用テーマについての話です)

P2 のサイドバーがない設定の例

また、もうひとがんばりして P2 を親テーマとして使えるように(そして子テーマで拡張ができるように)コードの書き直しをしました。これにより、テーマデザイナーの皆さんは P2 の機能を改めて作り直さなくても、すでにあるものを元に素敵なテーマを作ることができます。

テーマの HTML 簡略化も行ったので、CSS を使って今まで以上に柔軟に新しいデザインをできるようになりました。テンプレートベースのフックもたくさん足したので、プラグイン開発者がテーマにフックして拡張機能を加えられるようにもなっています。

新しい P2 テーマは、WordPress.com ですぐにお使いいただけます。WordPress.org テーマレポジトリでももうすぐダウンロードできるようになるはずです。

この記事は Andy が WordPress.com 英語版ブログに投稿した「A New P2」の訳です。本文内のリンク先はすべて英語です。

翻訳: マクラケン直子


WordPress.com の開発状況について最新情報を知りたい方は、以下の欄にメールアドレスを入力して今後の告知をメールで直接受け取りましょう。通知を開始する前に確認メールをお送りします。見つからない場合はスパムフォルダーをご確認ください。

現在158,661人フォロワーがいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。