WordPress.com ブログ

WordPress.com 日本語ブログ

カスタム CSS に変更履歴機能を追加

WordPress.com の有料アップグレード、カスタム CSS に変更履歴を保存、比較する機能を追加しました。誤って書いたコードを消してしまうこともないですし、すぐに前のバージョンに戻すこともできます。

テーマのカスタマイズがさらに簡単になりました!カスタム CSS アップグレードでは、WordPress 記事履歴の保存機能と同じシステムを使って、 CSS コードの変更履歴を保存する機能を追加しました。

もし CSS アップグレードをすでに購入済みの場合、WordPress.com 管理画面にログインして「外観 > CSS を編集」に移動すれば、実際にこの機能を見ることができます。「スタイルシートを保存」ボタンをクリックしてみましょう。そうすれば、プレビューと保存ボタンの下に CSS の変更履歴が表示されます。注: まだ履歴がない場合は表示されません。

revision-metabox

CSS 履歴ボックスのリンクを選んでクリックすると、違うバージョンの CSS を見比べることができます。

revision-diff-cropped

いままでに CSS アップグレード [en] を検討したことがあるなら、使ってみる良い機会です。この新機能のおかげで、古いバージョンを誤って消してしまう心配はもうありません。また、どの変更がブログの表示に影響するのかも分かりやすくなりました。

テーマの CSS 編集機能を使い始めることにした場合は、WordPress.com の管理画面にログインして、左メニュー上部にある「アップグレード」をクリックしてください。

いったい何の話をしているの?と思った方は、WordPress.com の CSS でできる事とできないこと [en] についての簡単な説明をお読みください。

この記事は Brian が WordPress.com 英語版ブログに投稿した「Custom CSS Revisions」の訳です。英語のリンクは [en] と表記しています。


WordPress.com の開発状況について最新情報を知りたい方は、以下の欄にメールアドレスを入力して今後の告知をメールで直接受け取りましょう。通知を開始する前に確認メールをお送りします。見つからない場合はスパムフォルダーをご確認ください。

現在158,661人フォロワーがいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。