WordPress.com ブログ

WordPress.com 日本語ブログ

WP.me — リンクを短縮しよう!

WordPress.com 独自の URL 短縮サービスが登場しました。スパムフリーでずっと使える、便利な URL が作成できるようになりました。

この URL に注目!

http://wp.me/pxkJH-2W

クリックすると、このページに戻ってくるはずです。この利点は、もとのパーマリンクより7割ほど短いリンクであることです。URL 短縮サービスはなにも新しいものではありません。Tiny URL はもう何年も前からあります。しかし、WP.me にはいくつかユニークな点があります。

  • WP.me は、世界で唯一2文字の .me ドメインです。
  • 現在、すべての WordPress.com サイトと投稿には WP.me の URL が割り当てられています。
  • このショートリンクは、<head> 内に rel=shortlink を使って公開されています。
  • 世界中のあらゆる URL に使えるわけではなく、WP.com のブログにのみ有効です。
  • リンクは永久的に変わりません。WordPress.com サービスが続く限りずっと使うことができます。
  • WP.me はスパムフリーです。その理由は、私たちが常に WP.com を監視し、スパムを除去しているからです。

shortlinkこれらの項目のうちいくつかは、補足が必要かもしれません。Twitter の成長(と、その文字数制限)により、URL 短縮サービスは驚くほど多く利用されるようになりましたが、私は短縮サービスのビジネスとしての持続可能性には疑問を持っています。この考えは、人気のあった tr.im が今年末に終了すると告知したことにより、改めて浮き彫りになりました。

彼らの場合、他の人が現れて救い出してくれたというハッピーエンドとなりましたが、「もし、tr.im のリンクが、ある日リダイレクトされなくなったらどうなるだろう?」という想像をせずにはいられませんでした。そうなったら、Web の一部に、ぽっかりと穴があいてしまいます。また、短縮サービスは本質的には HTTP のオープンプロキシであり、将来的にはビジネスやアンチフィッシング、アンチウイルスサービスがその URL をブロックしなければならないほど、スパマーやマルウェア配布者によって悪用さてしまうのではないかと心配しています。

WordPress リンクは少し長い構造となっていますが、これは、恒久的で移植可能なリンクであるためです(またもちろん、検索エンジンに対してもフレンドリーです)。もしあなたが WordPress を使っていなくても、将来 WordPress の利用をやめたとしても、リンクにはランダムな ID や、その他のプラットフォームに依存する粗悪な実装などが含まれていないので、他のシステムからリンクを供給するのも簡単なはずです。ただし、あなたのブログへのリンクがすべてショートバージョンだったとしたら、ちょっと意味がないかもしれませんが。

しかし、Dave Winer 氏がうまくまとめたとおり、私たちが独自の短縮サービスを持たない理由もありません。と、いうことで、さあどうぞ🙂
みなさんもう使い始めています

どうやれば使えるかというと…。

投稿を作成または編集するとき、パーマリンクの横に「Get Shortlink」ボタンがあります。これをクリックすれば、コピー&ペースト用にハイライトされた美しいリンクを含んだポップアップが現れます。

ログインしている間は、管理バーの「ブログ情報」メニューから WordPress.com のすべてのページへのショートリンクを見つけられます。

この記事は Matt が WordPress.com 英語版ブログに投稿した「WP.me — shorten your links」の訳です。


WordPress.com の開発状況について最新情報を知りたい方は、以下の欄にメールアドレスを入力して今後の告知をメールで直接受け取りましょう。通知を開始する前に確認メールをお送りします。見つからない場合はスパムフォルダーをご確認ください。

現在158,661人フォロワーがいます。

1件のコメント

コメントは受け付けていません。

  1. ピンバック: WP.ME | DomainsNews.net
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。